延命措置をしない(心臓マッサージと人工呼吸)の確認

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

7:20-8:30
昨夜も弟が泊まる。
弟と曰く、朝、息が荒くなり脈が200を超え、看護師さんに親戚集めるよう言われたらしい。
脈が200超えることは不可能だと思うが、ノイズでも拾っていたのかもしれない。
弟、兄、とも「いる」というので、私はひとっ走り大学で同窓会の仕事。
11:30-16:00
大学から帰っても、行く前とほぼ同じ状態。
母に又会えて嬉しい。
おでこをつけて。口を母の耳元で
「どっか痛い」「お茶飲む」「何か食べる」「ママにに買ってきたけど俺たべるよ」
他の兄弟は、この辺できない。
長年のコツがいる。但し、私も反応しているのかわからない。
兄夫婦を帰す。
14:00に回診。
脈115(朝より5下がる)、血圧62-112、体温37.5、酸素100。
数字的には朝より安定。
昨日もそうだった。
午後になって数字は安定してくる。
延命措置をしない(心臓マッサージと人工呼吸)の確認
延命措置をしない(心臓マッサージと人工呼吸)の確認
あ6親族全員に言ってあるか、→「はい、てっていしてあります。」
このころから、私の方の心臓がバクバク。
16:00でかえる。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク