酸素マスクを動かす元気もない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

行ったらすぐに胸のレントゲン。
10分で終わった。
眼をあいていても、瞳孔が私の方を見ていない、
というより動いていない。
熱37.6度、膿ガーゼ一杯(多量だが一番出ていたときはこの倍)
酸素99、血圧95-70。
レントゲンの後、滴下を始める。
3時間かかるペース。
呼吸が荒く、途中で看護師さんが2人きて、
脈等診る。
酸素マスクを動かす元気もない。
ただ、時折手を握れ、と手を挙げる。
意識はあるようだ。
耳元に話しかけると時折反応する。
私「とにかく痛い、だったらモルヒネなりなんなりお願いしたいのですが、
痛いは表現できるし、痛くは無いと思います。
ただ、この呼吸をみると、苦しい、のは確かです。どのくらい苦しいんですかね。」
看護師「・・・・・」
分かんないみたい。
帰りの車で兄から電話がある。
上記の内容を話す。
明日午後来るとの事。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク