院長の説明

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

15:00-18:00
12時に滴下が終わりだったようだ。
16時10分から造影剤をいれた検査。
30分で終わったあと、婦長から、
時間あれば院長が検査の結果を説明します、との事。
5時10分から院長の部屋で説明を受ける。
1.現在2か所膿が出ているおなかの穴がつながっている。
2.したがって、もはややりようがない。
(つながっていなければ、膿を1つづつ出す、など考えてくれていたようだ)
3.腸から栄養剤を滴下しても、半分は上がってく口から痰に、
半分は、お腹の傷口から膿で出てきてしまう。
4.現在、400CC(=400カロリ)の栄養剤滴下を増やしてはみる。
*それしか、やりようがない、といった感じだった。
*成人男子は3千カロリ、私が1500-2000カロリ。
人間が呼吸だけしていて800カロリ。
5.私「カロリ不足で衰弱し、ということになるんでしょうか。
また、そうなるまで、どのくらいですか」
院長「わからない。400CCで安定するかもしれない」
入院1か月、この間の衰弱を考えると、そろそろ限界かな。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク