安心して兄と晩飯

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

16:15-20:30
昨日連絡があった通り、7時から院長とお話。
アニキが6時半にはくる。
「これで終わりなのかな」
「あと一カ月、とか言われるのかな」
と、いろいろ考える。
ついたら、それなりに元気。
言葉もでる。
滴下200CCが2時間少し。
行く前に、胃ろう を調べる。
胃ろう も2種類あり、開腹手術をするのと、
胃カメラ でやるのと2つ。
胃カメラでやるのであれば、ピアスの穴をあけるくらいのものだそうだ。
打診があれば、やってもいいか、とも思いアニキに説明する。
2度足の運動をしてあげる。
2度じゃんけんをしてあげる。(=手の運動)
*1度は5対0で私が負けてしまった。ママ強い。
お尻が痛い、と二度言うので、ナースコール。
滴下中は体交(たいこう、
床ずれができないよう、寝ている向きを変えること)
は無理だそうだ。
19:50にやっと説明。
聞いてみれば、治療方針の説明だった。
1.下痢はおさまりつつある。
繊維を入れているので、これが効いてきたようだ。
2.お腹の膿は、原因不明。
今度、膿を切って中を調べてみる。
私&兄「全身麻酔しちゃうんですか」
院長「ちょろっと切るだけ」
事後、安心して兄と晩飯。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク