”おでこ”をつけてあげます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

後藤さん、松本さん、連絡ありがとう。
松本さん、介護のコツかな–以下
まず、病気なんだ、という事を、本人に認識させる以前に自分が理解すること、
これが、相手にやさしく接する事ができるか、大前提ではないかな。
暴力、食欲、性欲、のどれかがでてしまう、と
よく言われていますが、病気なんです。
今まで一生懸命あなたを育てて、暴力をふるう病気になってしまったんです、
と、あなたが思えるか、が一番のポイントではないかな。
これさえわかれば、あとは応用かな。
私の行動を参考にしてください。
まず、母にあったら、耳元に口をよせ、ゆっくり
「どっか痛くない」
母:「痛くない」
*これで一安心。
大きな声で話しても効果ないですよ。
耳元で&ゆっくり 話す事。
次に、熱を計ります。(体温計ではない)
”おでこ”をつけてあげます。
手でほっぺたを触ってあげます。
母の息が聞こえてきます。
このまま1分。
おでこを離し、指で丸を作ります。
OKサイン。
これは1分で済みます。
最も効果的な1分だと自負しています。
本日は
15:20-17:10
サンエット1本。
足の運動5分。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク