出会いと孤独

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

徒歩1分の路上で「太極拳」を近所のパン屋さんのお父さんが中心になりやっている。
午前10時開始。
母を連れ私自身初めて参加。
1時間程度するそうだが、10分で母は体力の限界。
皆さんに挨拶して先に失礼する。
2時頃、そのうちの1人のおばさんが突然尋ねてくる。
弁当を宅配する仕事を夫婦でやっている、との事。
その後、その親分のような女性も来宅。
ダイエット食品のセールスのようだ。
ただ、母を相手にジュースを飲ませてくれ、食事を食べさせてくれる。
約1時間、母の話し相手になってくれる訳で、渡りに船。
ちなみに、弁当は500円、ジュースは600円。
午後3時、となりの佐藤さん親子が心配して来宅。
佐藤さんは、4年前に脳梗塞をわずらって足・言葉が非自由なお母様と二人暮らし。
何か、私と全く同じ境遇に。
土気ヘルパーステーションというデイケアを紹介してもらう。
また、お母様が死の淵から復活した過程を話してくれる。
4時に兄が来宅し二人で聞き、「まだいけるじゃん」と希望がわいてきた。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク