お腹の膿

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

10:00にDHへ。長*病院へ。外来でまつ。始まったのは11時40分。
H先生に
1.お腹が痛い
2.滴下が遅い
先生は、
滴下が遅いのは、管が長いから、との事。
極めて納得のできる内容。
お腹を見てもらったら、膿です、との事。
管が以前はいっていたところ。
すぐ出すか、自然に破裂するのを待つか、と聞かれ、
すぐ出しましょう、と答える。
ちょっと突っついたら、何十CCという単位で膿がでた。
これでは痛いはずだ、と思う。
DHに戻り、海老*さんに説明。
抗生剤がないか、心配してくれる。
再度お金を払いに長*病院に行く時、H先生に、
抗生剤の件で電話くれ、と伝言しておいたら17時ころ電話くれた。
しばらく様子をみよう、との事。
また、38度を超える熱だったら、外来に来てほしい、との事。
おっしゃる通り。
また、明後日診断書の件で、わたしだけいけばOKだったのが、
病院から電話があり、診断書があるので母も一緒、との事。
厳しいね。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク