腸管を入れかえる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

朝8時半に海老*さんにTEL。
「今日、長*病院に行き
1.腸管を入れてくれないか、お願い
2.診断書
ひいては、貴社に10時40分に行きたい」
10時半に行ってみると、朝会に出て、車いすに乗り、
準備OKだった。
そのまま長*病院に行く。
12時15分に外来の順番が回ってくる。
腸管が抜ける理由を説明し、腸管を入れてくれるようお願いしたら
全部入れ替える、との事。
私たちは、抜けている部分だけ奥に送り込むのだと思っていた。
私「管が伸びていると、朝会に職員がビビって出してくれない。
  お忙しいでしょうから都合のいい時間で出直してきます。」
H医師「じゃあ入れましょう。今日でいいですよ。」
で外来最後がママだったのでそのままレントゲン室へ。
最後に私が呼ばれて説明をうける。
中に20センチ入っているようだ。
診断書もお願いしたが、
「後見人だと脳整形外科」との事。
再度出直すしかない。
DHに戻る際、車から降りるのをママが激しく抵抗。
3度目にNさんが何とかおろしてくれる。
→これは元気の印。
DHの部屋で海老*さんを待ち、説明し帰る。
15時。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク