DVDのコピーワンスの意味がわかった

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

本日は午前中1時間。千葉の弁護士の所に行き、帰って30分。
ママの所から帰って1時間半。合計3時間。
その他に、M氏と晩飯。あとDVDのコピーワンスの意味がわかった。
以下私の質問に答えてくれた人の引用。
(こんなことも知らないで、いろんな人からパソコン質問されるんだから、やってられんね–
これにめげると消耗するだけ)
DVD→DVDへの孫コピー=回数制限。
コピーの際に「パソコンでは絶対に読めない場所に、暗号解読用の解除キーを書き込んだ上で、暗号化してダビングする」ようになっている。
ダビングされたDVDは、パソコン、DVDプレーヤーで再生する際に「今から再生すっから、暗号解除!」と、特殊な指示をしてから読み出しする事により、正しく再生する事が出来ます。
 
なお、解除に使用する「暗号解除キー」を書き込んでおく「特別な場所」が存在するメディアが「CPRM対応」と書かれた「録画用DVD」なのです(データ用DVDには、この「特別な場所」がありません)
—以上引用

No related posts.

カテゴリー: 日記   タグ:   この投稿のパーマリンク