ママの腸管が抜けて大騒ぎ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

本日はママの腸管が抜けて大騒ぎ。
その前に、ママは
1.風邪をひいている(薬飲んでるが、痰がすごい)
2.腰やったかもしれない(診察台に乗ったり→帰りの車の中で「腰痛い」が激しかった)
顛末
昨日13:30に理事長からTELあり。「ママの腸管が抜けた。長*病院に電話しているが、
4時まで手術なのでくるな、と言われた。息子さんから電話してほしい」
→私が、長*病院に電話。
主旨:貴社以外に行くところない。私はすぐ向かうので、何時から、はその時の話にして。
救急車を受け入れてほしい。→先方了解。
結局4時20分にママの処置開始。約30分。
花*医師「何でここまで放っておいた。一日はたっている」
6時少し前に帰ってきて、
K看護師さん発言2点
1.「昼滴下してる。その時は入っている。24時間も放っていない。
昼に足がベットから落ちていた。あの辺の動きだと思う。」
2.腸管の出口が横向き。これだと作業がしずらく、はずれやすい。」
私はその場で花*医師にその旨TEL
花*医師
1.「24時間はたっている。私としては、そんな事はない、としか言いようがない。」
2.「腸管の出口は手で変えられる。誰でもできる」
K看護師さんにこの旨説明
1.「24時間たってるはずはない」
2.「腸管の出口は私の責任になるので、理事長と一緒にやる」(明日か明後日みたい)
私が問題だと思うのは
1.結局腸管抜けた原因がわからない。
2.理事長、K看護師さんとも、私には「花*先生がおかしい」というが、
花*氏に直接言わないと単なる言い逃れをブチブチ言っている、
ということになる。(実際、そういう事だと思う。)
例えば:
1)「長*病院が”くるな”と言ったとは思えない。手術中で4時から、と言ったと思う」
2)腸管の位置は私でも変えられると思うが、意地になっちゃてるんで顔立てるしかないね。
その他
弟&息子が来て、滴下が抜けて布団が濡れているのを見つけた。
その後、5時に長*病院を終わるまで、私たちと一緒にいた。
私は2人を一切無視し、何も言葉を交わしていないが、
帰りにK看護師さんと二人になった時、
理事長、K看護師ともに「管理体制がなってない。」と好明がほざいたらしい。
理事長、K看護師さんともに「(なにも分らないくせに)ピーヒャラ言うのが得意な野郎なんですいません。」と言っておいた。
過激な発言は控えた。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク