「介護」と「看護」の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨夜東京にとまる。
新橋で休日一泊3700円の一応ホテルと名のつくところに。
やはり、古い狭い汚い、で少し余分に出してもちゃんとしたところがいいかな。
というより、8時10分品川なので帰れた。
帰った方がよかったかな。
たまには泊まってみようと、3時には予約してしまった。
帰りに蘇我あたりで、結構老人ホームの看板が目に付く。
看板結構変わっているのかもしれない。
「介護付き」といってている。
大切なことは、「介護」と「看護」の違い。
一緒に遊んでくれて、少しくらいなら下の世話もしててくれるのが介護。
いわば、認知症までかな。
ほかの病気を併発すれば、出ていかざる得ない。
そうなると看護が必要。
家で癌の末期を迎える、のに必要なのは、訪問看護、訪問介護ではない。
訪問介護は、掃除したり、ご飯作ってくれたりすること。
訪問看護は点滴したりある程度医療をともなう。
しかしながら、どちらも略して「ホウカン」。
4時過ぎに心配なんでママのところに行く。
明日インフルエンザなので、ママとしばらく外出できない、と思い家へ。
ドライブを30分しただけでDHに戻る。
あっさり車から降りてくれた。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク