腰痛い、と言いながら3時間座っていた

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

14:20-17:00
DHに行ったら整体師の先生がちょうどマッサージをやっていた。
ママの歩く練習で相談。
リハビリ連れて行こうか、と投げかけ、しばらく話しているうちに
彼がやってくれることになった。
(リハビリはどの病院もうたい文句にしているが保険点数が低いそうだ)
彼に見せる為に、
車いすを距離をおいて置き、抱っこしながら、いちにいちに と歩かせる。
実際5,6歩だが、マッサージの前後、途中でやったら、
とヒントをだし、後は彼にお任せ。
期待大。
ママは歩く能力はある。
習慣がない、だけでは、といつも思っていた。
*私があきらめたらママは復活しない。
DHでも初めは胃漏のおばあさんと同じで寝たままだった。
朝会に出るだけでも2ヶ月かかっている。
私の家に行ったが、車からおりない。
DHに引き返したら、車からおりない。
3度ドライブを繰り返しやっとおりる。(可哀そう)
駐車場が一杯で、ママを玄関においておいた時間が長かった。
理事長が「何か玄関にある」といいeさんが開けて連れてくれた。
おせんべ1欠片(もうひと欠片口にいれたら手で出した)、
ベビーフード入り水一口。
腰痛い、と言いながら3時間座っていた。

No related posts.

カテゴリー: 介護   タグ:   この投稿のパーマリンク