検査入院2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

朝7:30朝食。10時頃2人新しい人が部屋に検査入院でくる。
一人の人(この人は6カ月めの二度目の検査入院)曰く「前回も四人部屋だったけど、二人がそのまま入院だった」との事。
二分の一かよ、と思わずビビル。
予定の2時を20分程過ぎたところで検査開始。
私が計った中では、14:25開始、14:40血管からカテーテル&造影剤、15:00終了。
その場で「全体としていい」「心臓の動き良くなっているよ」(担当医ではない人)「50%詰まっている所がある」
と言われる。
この手術(=検査)のあと点滴2本、造影剤排出確認の為オシッコを提出(ビーカー3杯位=オシッコ3度)、
そして一番つらいのが、カテーテルをいれた右腕を固定され(翌日朝9時まで)つ事。
夜中3時に、痛くて痛み止めをもらう。
夕方4時ころ、中込医師から説明をうける。
「50%詰まっている所がある」「ステント(網目状の人工管)が少し汚れている」
50%詰まっているのは(左二本の冠状動脈の間)手術でとれない&今後はこれ以上つまらないようにする。
ステントの所が一番汚れやすい。
いい事は、
血液他の数字が素晴らしい、心臓の壊死した部分も生きている組織があり復活しつつある、全体としていい。
次回は8/24外来。

No related posts.

カテゴリー: 私の心筋梗塞   タグ:   この投稿のパーマリンク