父がアブナイ1

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

朝8:10–8:40 母の病院へ
マッサージ。足の上げ下げを10回自分でやる。
記憶はは最低な状況。勝久、まどか がでてこない。
9:30 父の病院
オシッコ350CC、熱が高い(抗生物質のせいらしい)
9:40–10:00 マッサージしてあげる
10:20–10:25 自発呼吸32回、アラームなし
       酸素40%、呼吸99%、脈91
10:55 熱38.6(朝38.5)
この後再度マッサージ
12:05–12:10 自発呼吸29回、アラーム1回
*自発呼吸:人工呼吸器をつけて呼吸の度に自発か人工か表示が変わる。
*アラーム:上記自発の時、自分で十分酸素をとれているかグラフで出て
十分とれていない時、アラームが鳴る。
*マッサージ:足首を回す、前後、膝を曲げる、回す、手首を回す、
肺に手を当てておいてあげる  を意識のない父にやってあげている。
弟は足裏を軽く殴ってあげている。
その後、傷ついた右肺に手をあててあげ自発呼吸の回数を数える。

No related posts.

カテゴリー: 父の末期癌   タグ:   この投稿のパーマリンク