あいたままの目がかわいそうで

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

朝4時半目が覚める。ブログ、仕事をする。9時半に母のおむつなど買う。そのまま昨日から母が入院している長生病院へ。ちょうど花田医師と兄が話している処。再度小腸漏の手術をするしかないようだ。
ドリームハウスの近場「海保病院」で管が抜けてもすぐつけられる、一週間くらい管の穴は大丈夫、など言われていた。明確に覚えている。
坂の上外科の小島までいい加減ではないにしても、僕らの住んでいる世界とはかなり常識が違うようだ。
その後11時半に父の入院する「いすみ医療センター」へ。昨日より少しよくなっているのか。あいたままの目がかわいそうで何度も閉じてあげる。一秒でも長く生きていてもらいたい。
夕方6時から1時間母のところに付き添い。ナースステーションに母はいた。

No related posts.

カテゴリー: 父の末期癌   タグ:   この投稿のパーマリンク