父と一緒に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

朝起きたら既に父は起きて1Fに行っていた。
階段を一人で下りた、というのが少し危険。
本日の予定は、ケアマネの田中さん10時半に来訪、用件は契約。
業者の人が11時半にスロープの相談に来訪。
弟がくる夜9時頃まで私がいてあげる。
親父に朝飯何食べた、と聞いたら「ゼリー」との事。2,3口食べただけだと思うが、
「ま、無理してもしょうがないから」と私。
朝9時過ぎ「床屋に行く」との事。その後の予定とかぶるが、もちろん親父殿の意見優先。
床屋でケアマネにTEL。11時半に時間を変更してもらう。
床屋約30分、床屋のおばさん「1ケ月前は元気で一人で運転してきたのに」と親父殿の衰弱振りに驚いていた。
「うちの藤みに来ない」と親父殿が床屋のおばさんに。
おばさんOK。
床屋のおばさん、我が家に初来訪。
その後ケアマネ、業者と午前中来訪者が続く。
午後は、DVD「ミッドウェイ」を見る。
夜、支えてあげて風呂、食事(食物は一切口にせず)。
ここで寝る、と1Fに昨日からおいてある介護ベッドを指す。
もう2Fに上がっていく元気がない様子。
この旨、弟に連絡し私は帰る。

No related posts.

カテゴリー: 父の末期癌   タグ:   この投稿のパーマリンク