いすみ医療センター

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

朝大原へ
親父殿の様子を見る。
いすみ医療センターへ(親父殿には勝浦と言ってある)
11:30 いすみ医療センター総合受付で社会福祉士の「沼田さん」宛訪ねる(弟が手は済み)
カルテ作りから一緒にやってくれる。
持参品:親父殿の健康保険証・長生病院の引き継ぎ書・資料(CT画像等)
受診する。(本人抜き)
質問内容—-弟からのメール抜粋
内容:先方としては、当方の看護体制、病院としてできること・できないことがあるのでその点を伝えたい(沼田さん談)とのことです。私としては、可能な限り以下のポイントをカバーして貰いたいと思います。
5月6日の長生病院受診からの状況を要約頂くと共に、この1週間で食欲減退、疲労・体力低下(外に出るのが億劫)、咳・痰・嘔吐・声の擦れ・胸の痛み、等が顕著になってきている。また便秘もある。薬(便秘:マグミット・ラキソべロン、胸の炎症止め:プレドニン及びガスターD錠、胸にバンテリン・モーラステープを塗付)につき毎日飲んでいるが、貴医院でこれらの薬を処方してくれるか。また、今後必要となるであろう他の薬も処方してくれるか。そもそも、本人に告知していないが、本人の受診をできればしたいが、それは病院か、自宅でも可能か。今の状況下で具体的にどういうスケジュールで対応可能か。貴医院のサービス内容はどのようなものか。どういうスタッフが対応してくれるのか。告知する・しないについて意見はあるか。等々
これらの回答内容によっていすみ医療センターにするかどうか判断しましょう。なにしろ、おやじを看取ってもらうところになるかもしれない病院だからです。
—質問内容以上
—私の説明内容
いすみ医療センター殿
1.本人&家族
本人81歳、170cm、60K(ここ1ケ月で5K?痩せた)いすみ市大原台にH21/10より独居。
それ以前は妻(84歳)と同居。妻喜代子は、H19頃より認知症。
H21/9に胆石。9/末退院後次男浩司(茂原市)が引き取る形で同居。
その後胆嚢摘出、逆流性食道炎など基本的に長生病院に入院。
現在、八街市の施設に入居。長男(55歳)夫妻、三男夫妻(51歳)は東京に在。
2.経過(食欲と排便)
1)便秘が始まったのはいつ頃か不明。(本人は3年前とも1年前とも言う)
2)上記妻の入院中の看病(付添)でかなり消耗したと思われる。
3)本年5/3に次男にTEL「便秘が激しく鬱だ」と訴える。
4)5/6長生病院内科受診。(長生病院の紹介状参照してください)
5)刺身が好きで日に一人前程度食べていた(5/4,5,6)
6)この10日位で極端に食欲が落ちています。
例:5/24 昼:鰺の刺身半身、夜:ゼリー。(前日排便あり)
  5/26 朝バナナドリンクとジュース少々。昼なし。夜チーズ一齧りと白ワイン茶碗に一杯。終日体調悪く、口数少なく、機嫌悪い。
3.痛み&症状
1)胸の痛み(湿布で対応)
2)便秘とそれに伴う不快感(これがかなりの苦痛)
*本人いわく「お腹切って食道と直腸つなげられないか」
3)体力の著しい低下 *トイレ、風呂苦しそうですが一人でできます。
4.本人の希望と介護する家族
1)本人は「ここ(大原台)が終の住処」と常々明言
2)三男を中心に2,3か月であれば大原台で看病にあたれる。
5.薬:処方箋参照してください。(&市販薬は湿布のバンデリン)
6.告知
本人は、全く気付いていない。腸の閉塞&肺に水が溜まった、との認識。
家族としても、出来れば告知したくない。(別途3人兄弟でコンセンサスをとる必要があります。)
7.質問・ご相談
1)本人の受診の日程。(それは病院か、自宅でも可能か。)
2)今の状況下で具体的にどういうスケジュールで対応可能か。貴医院のサービス内容。
3.介護保険は前倒しの必要があるように思います。お願いできますか。
2010/5/27 井出 浩司(二男)
—–私の説明内容以上

No related posts.

カテゴリー: 父の末期癌   タグ:   この投稿のパーマリンク